トレンド系の指標とは

相場の流れを読むために欠かせないもののひとつにテクニカル分析があります。
テクニカル分析とは、チャートを分析することで為替レートの動きを予測することです。チャートというのは過去の市場の動きを示すものであり、テクニカル分析とはそうした過去のデータから現在のトレンドを確認し、今後の値動きを予測する分析法です。

一見すると数値に依拠した理論的な分析方法のようにも思われそうですが、過去のデータというのは個々の投資家がとった行動の結果であり、人間心理が凝縮したものといえます。特に市場の均衡状態が破られるとき、人間がとる行動というのは常に一貫しているので、しょせんは単なる理論だろう、などとバカにしてはいけません。

そして、過去のデータの収集結果を一目で見られるようにしたのが、テクニカル指標と呼ばれるものです。

テクニカル指標は大きく分けて、トレンド系とオシレータ系に分類できます。
トレンド系のテクニカル指標は、相場の大局的な流れを表してくれます。テクニカル指標にはさまざまな種類がありますが、この分析方法を用いることで現在のトレンドの方向が一目でわかります。

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!