FXにおいて重要なテクニカル分析方法について学ぶ

FXで勝つためには、相場を分析して予想しなければ儲けることはできません。そのために多くのトレーダーが活用しているのが、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」です。

ファンダメンタル分析とは、経済の基礎的諸条件のことで、為替レートを動かす重要な要素になります。例えば、国際収支や経済成長率、金利や失業率、物価をはじめ、首相や日銀総裁など、要人発言も相場に大きな影響を与えるため、ファンダメンタル分析には欠かせない要素となります。

一方、テクニカル分析とは、過去から現在の相場の値動きをグラフ化したもので、このグラフを基に今後の値動きを予測するわけです。テクニカル分析で重要なのは、“チャートを読む”ということ。特にFXの場合、株に比べてファンダメンタル分析よりも、テクニカル分析が有効だと言われています。

では、テクニカル分析で勝率を高まるポイントはどこにあるのでしょうか?

FXトレードで重要なポイントを教えます

勝ちを増やすには、テクニカル分析でトレンドの流れを知り、味方につけなければなりません。トレンドがどちらを向いているのか?というトレンドの方向性や転換期を見る必要があります。そのためには、いくつかあるチャートのどれを使うかが大切です。

例えば、現在は上がっている時に買う「順張り型チャート」と下がった時に買う「逆張り型チャート」に大別され、次のように振り分けることができます。
*順張り型チャート・・・移動平均線、一目均衡表、MACDなど
*逆張り型チャート・・・ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、RSIなど

これらのチャートが、トレードの際に買いか売りかのサインとして参考になるわけです。そして、より確率を高めるには、チャートを組み合わせることで相乗効果が発揮されるのです。有効な組み合わせのひとつとしておすすめなのが、一目均衡表、MACD、ボリンジャーバンドです。一目均衡表は、FX初心者にとってはわかりにくいかもしれませんが、それだけに買いのシグナルとして信用できるツールでもあります。

MACDでトレンドを追い、ボリンジャーバンドで一目均衡表とMACDを補填するような形で使いこなしていけば、勝率を上げる可能性はかなり高くなります。ただし、テクニカル分析で大切なのは、あくまでも過信し過ぎないということ。また、トレーダーによっては「移動平均線だけしか使わない」「MACDとボリンジャーバンドだけで判断する」という方もいますので、あとはいかに早く自分に合ったテクニカル分析を見つけられるかでしょう。

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!