一目均衡表とは

一目均衡表とは昭和初期の相場分析者である一目山人(本名、細田悟一)が延べ2000人のスタッフ(学生)と約7年の歳月をかけて1936年(昭和11年)に完成させた相場分析手法(時間的な概念に注目して作られた指標)のことです。

一目均衡表は、その使いやすさからプロ、アマ問わず人気のあるチャートだと言われ、グラフの表示形式はローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されているユニークな指標です。

一般的に、他のテクニカルチャートは利益を大きく出すために相場分析するので「値幅」が重要視されていたりするのですが、「一目均衡表」の場合は、あらゆる角度から相場の本質的な変動要因を分析し、レート価格の「値幅」よりも「時間」を重要視するという点が特徴にあげられるでしょう。

一目均衡表において、変化日という相場の反転やトレンドの強さ、継続性を見るためのサインがあります。先行スパン1と先行スパン2が重なりあっているところ、雲にねじれが発生している所を変化日と言います。いずれも必ず相場の動きがガラッと変化する日ではなく、変化する可能性が高くなってきている日というふうに覚えておきましょう。
これら変化日を読み取る方法には二つあります。

一つ目は基本数値から予測する方法です。
相場の天井、もしくは底を基準日と考え、そこから基本数値である【9、17、26、33、42、52、65、76、129、172、226、676】の日数が経過した該当日に変化日が訪れる予想する方法です。

これらの日柄は、この日に必ず変化が来るというものではありません。統計的にこのような日に変化が起こる可能性が高いということですので注意してください。

「初めの該当日に変化がなければ、次の該当日に変化する可能性があるのでは?」と考えるのが有効ですので、覚えておいてくださいね。

二つ目は対等数値です。
過去の相場の天井と底の日柄をその後の日柄に当てはめて考える方法となります。過去に変化があった日数と同じ期間で次の相場状況も変化するのではないだろうか・・・という考えに基づいた予想方法です。

一目均衡表においての計算式は下記のとおりです。

・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9日間の最安値)÷2
・基準線 基準値=(当日を含む過去26日間の最高値+26日間の最安値)÷2
・先行スパン1 (転換値+基準値)÷2を当日を入れて26日未来にプロット。
・先行スパン2 (当日を含む52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を当日を入れて26日未来にプロット。
・遅行スパン 当日の終値を当日を入れて26日過去にプロット。

※注意 - 遅行スパン以外はザラ場の値段を基準としており、終値ではありません。

あわせて読みたい、テクニカル指標の種類における関連記事
移動平均線
ボリンジャーバンド
MACD(マックディー)
RSI
一目均衡表
ストキャスティクス
スローストキャスティクス
パラボリック
DMI
ADX
モメンタム
サイコロジカル・ライン
RCI
ヒストリカル・ボラティリティ
ラリー・ウィリアムズの%R
フィボナッチ級数とフィボナッチ・リトレースメント

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!