移動平均線とは

移動平均線とは、チャート専門家であるグランビル氏が開発したケイ線で、表示時間軸の終値を折れ線で結んだものとなります。

これは、相場の大きな流れを見る場合に利用するものです。

短期線(6日、12日、25日、30日など)、中期線(13週、75日、80日)、長期線(200日、26週)があり、25日移動平均線の場合、過去25日間の、大引値の平均値をスタート日とし、翌日は25日前の株価を外して、その日の株価を加え平均値を求め折れ線グラフでつなげていくのです。

売買のタイミングをつかむためには大体8原則がある事は、初心者にとってはあまり知られていません。それは以下のようなものになるので本番トレードをする前に覚えておくときっと役立ちます。

◆買い信号
(振兩が下落した後、横ばいもしくは上昇に向かい、レート価格が平均線を上回ってきた場合。
∧振兩が上昇しているにもかかわらず、レート価格がそれを下回ってきた場合。
J振兩上にあるレート価格が下落したのに平均線を下回ることなく再度上昇した場合。
ぅ譟璽伐然覆低迷しつつある平均線から下へかい離していった場合は、自律的に戻る可能性が高い事を示す。

◆売り信号
(振兩が上昇した後に横ばいになる、又は屈折した場合、レート価格は平均線からそれよりさらに下放れする傾向がある。
▲譟璽伐然覆平均線以下になった場合、その線に向かいながら上昇したが通り抜けず再度反落し始めた時。
J振兩がまだ下降しているうちに、レート価格が上昇していく時。
ぅ譟璽伐然覆あまりにも急ピッチで上昇し、平均線から上にかい離していった場合。

あわせて読みたい、テクニカル指標の種類における関連記事
移動平均線
ボリンジャーバンド
MACD(マックディー)
RSI
一目均衡表
ストキャスティクス
スローストキャスティクス
パラボリック
DMI
ADX
モメンタム
サイコロジカル・ライン
RCI
ヒストリカル・ボラティリティ
ラリー・ウィリアムズの%R
フィボナッチ級数とフィボナッチ・リトレースメント

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!