パラボリックとは

パラボリックとは「放物線」を意味しており、J・ウェルズ・ワイルダー氏が開発したテクニカル指標のことで、途転(ドテン)するときに役に立つ特徴があります。

パラボリックは、ローソク足チャート上のSAR(Stop And Reverse・ストップアンドリバース)という2本の線を結ぶと放物線になるのですが、これを用いて売買サインかどうかドテンするか否かを見るものです。ちなみに途転とは、例えばロングポジションを保有している時に売りシグナルが発生すると見るや、ロングポジションを解消すると同時に、ショートポジションを保有することを言います。

相場が上昇している際には、丸い点線がチャート足の下方からをレート価格を追いかけるように上昇していき、相場が下落しているときには点線がチャート足の上方からを追いかけるように下落していく特性があります。

そして、このグラフを描く丸い"点"が「SAR(ストップ・アンド・リバース)」で、トレンドが発生している時のパラボリックの状態を簡潔にまとめると下記のようになります。

レート価格がパラボリックより上に位置しているとき・・・上昇トレンド
レート価格がパラボリックより下に位置しているとき・・・下降トレンド

また、ちょっと難しいですがSARの計算式はいかになります。

当日SAR = 前日SAR + 加速因数 × (新値 − 前日SAR)

新値・・・上昇トレンド時は、直近の最高値。下降トレンド時は、直近の最安値。
加速因数・・・0.02で上限は0.2までとする

そしてシグナルをどのようにして見るかというと、

◆買いシグナル
下落トレンドの時に、チャートの上にあるSARがレート価格と交差するポイントで逆張り、ロングします。

◆売りシグナル
上昇相場の状態にある時、レート価格がチャートの下にあるSARを交差して下抜いた時にショートします。

パラボリックは相場動向の大勢を見る場合に参考になるとされている指標ですので、レン自動場などのように変動が少ない場合は、売買シグナルが遅れたり、売買シグナルが頻繁に出現してあまり役に立たないということを覚えておくといいですね。

あわせて読みたい、テクニカル指標の種類における関連記事
移動平均線
ボリンジャーバンド
MACD(マックディー)
RSI
一目均衡表
ストキャスティクス
スローストキャスティクス
パラボリック
DMI
ADX
モメンタム
サイコロジカル・ライン
RCI
ヒストリカル・ボラティリティ
ラリー・ウィリアムズの%R
フィボナッチ級数とフィボナッチ・リトレースメント

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!