ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、アメリカのチャート分析家であるジョージ・レーンによって考案されたオシレーター系のテクニカル指標の一つ。RSIと同様の働きをする仲間で、多くのトレーダーが分析に用いる代表的な指標です。RSIの仲間だと考えられているのは、見た目も使い方もRSIとほとんど変わりはないからです。

ストキャスティクスは「買われすぎ」「売られすぎ」を一目で教えてくれる指標ですので、「売られすぎ」が買いサインで、「買われすぎ」が売りサインだと単純に覚えられます。数値が0〜100%の範囲で動き、レート価格が上昇すれば比例して数値が高くなり、レート価格が下がれば数値も低くなるのが特徴です。

一般的には30%以下で買いタイミング、70%以上になると売りタイミングと言われてるということも覚えておきましょう。今後の売買タイミングを判断するのに役に立つのではないでしょうか。

ただ、RSIと似てはいても若干違う点もあります。それが「ラインが2本ある」ということです。2本のラインで「ファスト・ストキャスティクス(Fast Stoch)」と「スロー・ストキャスティクス(Slow Stoch)」の2種類のストキャスティクスを作り出します。

「ストキャスティクス%K」と「ストキャスティクス%D」の2本の線を使って表示したものがファースト・ストキャスティクス、%DとSDの2本で表示したものがスロー・ストキャスティクスとなります。3本あるので2本じゃないじゃないか!と思った人もいるかと思いますが、一つの分析に使うのは3本中(%K、%D、SD)の2本なので、2本ということで大丈夫です。

そして、ストキャスティクスをはじき出すための計算があり、算出式は以下の通りになります。

%K = ( A - C ) ÷ ( B - C ) × 100 (%)
%D = ( A - C ) のm日間の合計 ÷ ( B - C ) のm日間の合計 × 100 (%)
SD = %Dのm'日間の移動平均

A : 当日の終値
B : 過去n日間の最高値
C : 過去n日間の最安値

通常、n には 9を、m には 3、m' には 3 を入れて計算ます。

他にも、( 14、3、3 )や( 5、3、3 )などもありますが、分析を行っていく中で精度の高い数値だったり、自分のやりやすい方だったりを判断して、その通貨ペアの動きなどに応じて数値を変えてみるといいでしょう。

あわせて読みたい、テクニカル指標の種類における関連記事
移動平均線
ボリンジャーバンド
MACD(マックディー)
RSI
一目均衡表
ストキャスティクス
スローストキャスティクス
パラボリック
DMI
ADX
モメンタム
サイコロジカル・ライン
RCI
ヒストリカル・ボラティリティ
ラリー・ウィリアムズの%R
フィボナッチ級数とフィボナッチ・リトレースメント

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!