FXチャートの種類について

FXの初心者はまず、FXにはどんなチャートの種類があるかを、きちんと確認してそれらがどういうものかを把握しておく必要があります。

FXのチャートとは、過去の値動きをグラフにしたものとなります。チャートにすることによって、視覚的に値動きを見やすくしてあり、チャートを使いこなすことでトレードの勝率を上げることも可能となります。

また、FXに参加している多数の人達が、このチャートをしっかり見ていますので、それほど「重要なもの」だということを知っておきましょう。

チャートを見ると、様々な情報を読み取ることができます。投資家達はチャートを見て、その形から、「この上昇はもう少し続きそうだな」と考えて買い注文を出したりします。

その結果、本当に上昇が続いて予想通り・・・なんてことも多々あるのです。
大勢の人たちがチャートをきちんと確認し、同じ場所で同じ考えを持ち、同じ行動をする。もしそれが結果的に読みどおりになったら、投資家にとっては「ラッキー」なのです。

この成功者の一人になるためには、その人たちが参考にしているチャートを自分でもみて、モノにすればいいということになりますね。

ただし、もちろん同じチャートを見たからといって、同じを考えをするとは限りません。十人十色ですので、人それぞれが違う考えを持ちます。

そもそもチャートは業者によって全く性能が異なりますので、性能が良いチャートを利用することによって、より高度な分析や情報を読み取ることが可能となるでしょう。

足種別の特徴をチェック

さて、そんなチャートですが、一番の初歩的な知識をして足種別について覚えましょう。足種別とはチャートの表示形式のことで、基本的にはローソク足、バーチャート、折れ線足の3種類があります。FX業者で提供しているチャートツールの初期設定では、ほとんどのところでローソク足が設定してあります。まずは、下記のリンク先から、それぞれの足種別の表示形式と見方、使用方法を把握して、色々な分析を試してみましょう。

足種別の使用方法・見方
ローソク足の見方・使い方
バーチャートの見方・使い方
折れ線足の見方・使い方

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!