ローソク足とは

ローソク足とは、一定期間(1日や1週間、1ヶ月間など)の株価の動きを、白や黒の棒で表したものとなります。この形が「ローソク」に似ていることと、その形から株価がどんな風に動いたのかがわかることから、「ローソク足」という名前がつけられるようになりました。

株取引などではチャートはとっても大切なものとなりますが、日本で使われている一番有名なチャートがローソク足です。一般的に株取引で「チャート」と呼ばれているものは、ローソク足をさしていると思ってもいいですね。

ローソク足は次の4つの株価を使ってつくられています。

・始値(はじめね):その日や週で最初に取引された株価
・終値(おわりね):その日や週で最後に取引された株価
・高値(たかね) :その日や週の取引で最も高い株価
・安値(やすね) :その日や週の取引で最も安い株価

それぞれ使用する目的が異なりますので、この点をしっかり理解しておく必要があります。
ローソク足には、「分足」「日足」「週足」「月足」があるのですが、例えば、分足チャートは1分間という超短期間における株価の変動を表したものとなります。

分足や日足などの時間足はどのように使い分ける?

デイトレードなどを中心とした超短期売買をする際に使用するチャートが「分足チャート」だと思うようにしましょう。

日足チャートは、1日の間の株価の変動を表したものです。数日間から数週間の売買をする際に使用するものとなります。

週足は、1週間の株価の変動を表したものですので、中期的な値動きをみて株価水準や株価のトレンドを見る時に使用し、月足は1ヶ月間の株価の変動を表したものですので、長期的な株価水準や株価のトレンドを見るときに使用するようにしましょう。

ローソク足は大きく「陽線」と「陰線」に分類することができ、陽線は通常「白塗り」または「赤塗り」で表現されており、一般的には陰線は「黒塗り」で表現されています。

ローソク足とは、一定期間(1日や1週間、1ヶ月間など)の株価の動きを、白や黒の棒で表したものとなります。

ローソク足とは、一定期間(1日や1週間、1ヶ月間など)の株価の動きを、白や黒の棒で表したものとなります。

ローソク足とは、一定期間(1日や1週間、1ヶ月間など)の株価の動きを、白や黒の棒で表したものとなります。

◆陽線のローソク足
その日の株価が最初に付いた株価(始値)よりもその日の取引最終価格(終値)が上昇したことを示す。

◆陰線のローソク足
その日の株価が最初に付いた株価(始値)よりもその日の取引最終価格(終値)が下落したことを示す。

ローソク足は株価のトレンドなどを見るために重要なチャートとなりますが、「絶対的」なものではありません。

そのため、いろいろなチャートを見たり、世間の情報などを、日々の動きをしっかり把握して様々な知識を複合的に活用して判断するようにしましょう。

あわせて読みたい、チャートの種類における関連記事
ローソク足の見方・使い方
バーチャートの見方・使い方
折れ線足の見方・使い方

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!