ゴールデンクロスとデッドクロスとは?

ゴールデンクロス、デッドクロスとは、移動平均線の特性を利用して相場の方向性や転換予測をするためのチャートパターンの一種です。

「移動平均線」は一定期間の相場の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフです。
あくまで平均値ですから、計算する期間が長くなるほど「移動平均線」はゆるやかになり、期間が短くなるほど実際の相場との連動性は強くなります。

つまり、一般的に「日足」で使われる25日移動平均線より、75日移動平均線のほうが動きはゆるやかで、75日移動平均線より、25日移動平均線のほうが、実際の相場の動きに近くなります。

この移動平均線の動き方の特性を利用して、短期線と長期線の2本の移動平均線を使って相場の転換を予測するのが、ゴールデンクロスとデッドクロスです。

長期線はゆるやかで、それに比べて短期線は実際の相場との連動性が強いがゆえに動きが激しく、そのため2つの移動平均線は相場の変動によってたびたび交差することがあります。
そして、短期線が長期線を、下から上に突き抜けた局面をゴールデンクロスといいます。
この場合、それまでの下降トレンドが終わったことを示し、また新しい上昇トレンドの始まりを意味するシグナルとなります。

逆に、短期線が長期線を、上から下に突き抜けた局面をデッドクロスといいます。 この場合、それまでの上昇トレンドが終わったことを示し、また新しい下降トレンドの始まりを意味するシグナルとなります。

ゴールデンクロスとデッドクロスは、トレンドを意識した売買を行う上では基本的なシグナルといえるでしょう。
しかし、このチャートパターンには大きな欠点があります。それは、トレンドフォロー系の特徴である、遅効性です。( 遅効性とは、チャートの値動きが指標に現れるのが遅いことをいいます。

つまり、指標にでるのが遅いということは、その判断がでたときに買ったのでは、もうすでに遅いということです。
もちろん、平均の日数を少なくすれば実際の相場と近くはなります。

しかし、そうすると1日のデータの比重が大きくなるために、ダマシが多くなってしまいます。
実際に、指標の上ではデッドクロスが現れているにもかかわらず、その後下落が小幅に終わっていたり、それどころか反対に上昇トレンドに入ってしまうということもありうるのです。

ゴールデンクロスとデッドクロスは、あくまでも参考程度にとどめておくほうがいいでしょう。

あわせて読みたい、チャートパターンにおける関連記事
ゴールデンクロスとデッドクロス
ヘッドアンドショルダーとは?
カラカサの出現はチャンス?
三角保ち合いとは?
トンボの出現
ダブルトップとダブルボトム
ダイヤモンド・フォーメーション

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!