ヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダーとは、上昇トレンド終了時に見られるチャートパターンのひとつです。
その形状は3つの山からなっていて、その様子がちょうど人の上半身のように,頭を中心として左右に肩が並んでいる姿に似ているところから名付けられたのでしょう。別名、三尊ともいいます。

中央の山は頭(ヘッド)というだけあって3つの山のうちで最も高く、左右の肩(ショルダー)はそれよりやや低くなっているのが通例です。

また、1つ目の山と2つ目の山のあいだの谷、そして2つ目の山と3つ目の山のあいだの谷。この2つの谷のレートはほとんど同じ高さになるという特徴があります。2つの谷を結んだ線をネックラインと呼びます。

上記のようなかたちが形成される経緯については、
まず上昇トレンドが続いたのち、1つ目の山(左肩)に達してから1つ目の谷へと下落します。
その後反騰し、左肩よりも高値の2つ目の山(頭)となります。
そして価格は再び下落し、1つ目の谷とほぼ同価格にまで至ります(2つ目の谷)。
再度反騰が起きますが、3つ目の山(右肩)は頭ほどの高値には至らず、左肩に近い価格をピークに、その後下降局面を迎えます。

そして2つの谷を結んだネックラインを下回ると(ブレイク)、下降トレンドに入ります。

ヘッドアンドショルダーは、一度高値更新をしたものの反落してしまい、再び上昇しても高値を更新することなく下落してしまった相場です。そのため高値更新に失敗した相場では、これ以上は上がりそうにない、と上昇を諦めてしまう人が多くなり、相場は反転しやすくなります。したがって、上昇トレンドの末のヘッドアンドショルダーの出現は反転のシグナルといえるのです。

また、ヘッドアンドショルダーの出現では、もうひとつ、ネックラインが重要なポイントとして考えられます。
ネックラインは、為替レートとが下方向に推移する動きを止め、上昇トレンドを支える水準「サポートライン」を表しています。そのためこの値を下回るとサポートラインがブレイクされたということですから、ここから損切りを進める人が増えるので下落が続くことになります。

下落がどこまで続くかというと、それまで買いポジションにいた人がそっくりそのまま売りポジションに転じるわけですから、ネックラインを基準にして上昇した分だけ下がることになります。つまり、ヘッドアンドショルダーが現れたのちの下降トレンドは、ネックラインから2つ目の山までの上昇幅と同じ下落幅を見せるだろうとの予測が成り立つのです。

あわせて読みたい、チャートパターンにおける関連記事
ゴールデンクロスとデッドクロス
ヘッドアンドショルダーとは?
カラカサの出現はチャンス?
三角保ち合いとは?
トンボの出現
ダブルトップとダブルボトム
ダイヤモンド・フォーメーション

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!