三角保ち合いとは?

チャートを見る上で重要なのは、前回の高値や安値です。前回の高値を更新してくれば上昇が、安値更新なら下落が予測されます。
しかし、いつまでたっても高値も安値も更新されない相場というものがあります。それが三角保ち合いというパターンです。

三角保ち合いとは、株価が上下に動く幅が徐々に狭まって行き、上値の点を結んだ直線と、下値の点を結んだ直線とが交わって出来る三角形のチャートをいいます。
一般的に相場は上が抑えられれば下方向、下が支えられれば上方向へ動きますが、上と下の両方が抑えられた三角保ち合いは、どちらにも動きにくい相場になっています。

このチャートパターンは、レートがどちらかに動くための材料が不足し、市場参加者が迷っているときに現れます。
三角保ち合いは重要シグナルである高値更新も安値更新もできずに、上下のトレンドラインの中に相場が完全に納まっている状態です。つまり、多くの市場参加者が売りか買いかを決めかねているということです。

しかし、上下のトレンドラインは幅が狭くなっていくので、いつかはどちらかがブレイクするはずです。そして上にしろ下にしろ、三角保ち合いがどちらかにブレイクすると、それまで方向性を決めかねていた人たちが集中的に大きな取引を開始するので、相場は一気に大きく動きます。
そのため、三角保ち合いは相場の転換期を見つけることのできる重要な指標です。

三角保ち合いには大きく分けて3つのパターンがあります。

1、ペナント型
旗のかたちになぞらえてペナントと呼ばれています。高値のラインが下降し、底値のラインが上昇してできる三角形です。
上昇と下落の幅が同じ様にだんだん小さくなっていくので、上に行く力と下に行く力が均等になっています。上に行くか、下に行くかの確率は半々です。

2、下降三角形
左下が直角となっている三角形です。
下値が上がることも越えることもなく水平な線を描きます。一方で高値は少しずつ下落していくので、下降トレンドであるともいえます。
先安感の強いチャートといえるので、この先下落する可能性が考えられますが、下値がこれ以上下がる不安がないので、この先、上がる可能性も充分に考えられます。

3、上昇三角形
左上の角が直角となっている三角形で、下降三角形とは真逆のかたちです。
上値が下がることも越えることもなく水平な線を描きます。
ただ、下値を切り上げているので上昇トレンドという見方もできます。市場参加者が前回の安値まで下がるのを待てずに買いを入れてくるため、安値があがってくるかたちとなります。
この先相場は上昇トレンドに入るという先高感があるので、一般的に上がる確率のほうが高いと考えていいでしょう。

あわせて読みたい、チャートパターンにおける関連記事
ゴールデンクロスとデッドクロス
ヘッドアンドショルダーとは?
カラカサの出現はチャンス?
三角保ち合いとは?
トンボの出現
ダブルトップとダブルボトム
ダイヤモンド・フォーメーション

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!