ダウ理論【チャート理論】

ダウ理論とは、リチャード・ダウが『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に寄稿した論説を基に考えだされた、テクニカル分析の元祖といわれる理論です。

リチャード・ダウ(1851 - 1902)はアメリカのジャーナリストで、もともとNY証券取引所での相場に関する記事を主に担当していました。そこで得た知識と経験から、1882年にダウ・ジョーンズ社を設立してニュースレターを配布、それが発展して、後に『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙となっていきました。ダウ・ジョーンズ社が算出する「NYダウ平均株価」は現在でも使われており、株式市場に疎遠な人でも、一度は聞いたことのある単語でしょう。

ダウ理論は基本的には株式相場の理論ですが、FX取引においても同じといえます。
ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されています。

【1】 すべて市場価格に織り込まれている
毎日毎日の終値の変化は、現在、そして予測されるものを問わず、全市場参加者の判断のすべての結果です。したがって、この過程で株式の需給関係に影響を与えるもの、経済指標や企業業績はもちろん、テロなどの突発的な出来事まで、ファンダメンタルの材料はすべて市場価格に織り込まれているというわけです。
極端に言ってしまえば、テクニカル分析はファンダメンタル分析もフォローしている、という考え方がダウ理論の基本となっているといえます。

【2】3種類のトレンドがある
ダウ理論では、相場には「主要トレンド」「二次トレンド」「小トレンド」の3つのトレンドがあるとされています。

ー舁廛肇譽鵐
1年から数年に渡る長期的なサイクル。大勢的な流れ。

二次トレンド
3週間から3ヶ月に渡る中期的なサイクル。主要トレンドの訂正・調整と考える。
通常は数週間から数ヶ月は続き、それまでの上げや下げの長期トレンドの3分の1とか3分の2、通常は2分の1を帳消しにする例が多いとされています。

小トレンド
3週間未満の短期的なサイクル。二次トレンドの訂正・調整と考える。

【3】 主要(長期)トレンドは3つの局面から成り立っている
主要トレンドは市場参加者の動向によって、3つの局面に分けられるとされています。

・第一段階
目先的に動くことの優れた先行型投資家が買い始める時期(動きの静かな時期)。

・第二段階
価格急伸。追従型投資家が買い始める。出来高も増加し、投資家がもっとも利益を得やすい時期。

・第三段階
自信過剰と投機優勢から根拠の薄い憶測などを材料に上伸。出来高も膨張するが、高値波乱を起こしやすくなる。新聞などでも”強気”と報道、一般投資家も参加し始める。

【4】 2つの株価平均でシグナルが確認されなければならない
1種類の株価平均だけでは判断に誤りが生じる可能性が高いので、2つの株価平均でシグナルを確認する必要があります。
一方でしかシグナルが確認できない場合は、明確なトレンドとして捉えることは出来ません。逆に、相互にシグナルが、直近あるいはほぼ同時に発生した場合は、信頼度の高いトレンドといえます。

【5】 トレンドは出来高でも確認されなければならない
ダウ理論では、価格と出来高の関係はパラレルに動くとされています。
一般的には、上昇局面では値上がりすると出来高は増大し、値下がりにつれて出来高も減少します。逆に下降局面では、値下がりすると出来高が増加し、値上がりにつれて減少する、という傾向があります。
そこで、このパラレルルールが崩れるとき、つまり上昇局面と目されている段階で、価格上昇=出来高増加の関係が思わしくない時は、この相場に変調があると見るわけです。

逆に下降局面にあっての価格上昇時に、出来高が増加してくれば、それまでの弱気のトレンドが近く反転することを示す信号と見てよい、ダウ理論ではそのように定義されています。

【6】 明確な転換シグナルが発生するまで、トレンドは持続する
トレンドが発生すると、明確な転換シグナルが確認できるまで持続するとされます。
なぜなら、多くの投資家はトレンドに従った売買によって利益を得るので、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しいからです。
ダウは、いったんトレンドが確認できると、シグナルが出てトレンド転換が確認できるまでは、トレンドに追随していくという順張りのスタンスをとっています。

以上、これらは、すべてチャート分析の原理原則となっています。その後開発されたさまざまなテクニカル指標は、このダウ理論を応用したものです。
株式投資だけでなく、為替相場取引においても基礎的な知識となるので、ぜひとも知っておいていただきたい理論です。

あわせて読みたい、チャート理論における関連記事
エリオット波動分析
ダウ理論
グランビルの法則

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!