記事一覧

脱毛マシンでの光の照射

皮膚への内側のダメージになっていますので、脱毛サロンからの帰りや、しばらくの間は、とても太陽からの紫外線の悪影響を受けやすくなります。

皮膚を守るバリアが衰えているので、紫外線の強烈なダメージを受けやすくなって、もしもUVケアなしで太陽光を浴びてしまうと、肌に問題が起きやすくなります。

ただでさえ皮膚への問題を起こすのが紫外線ですから、シミができやすいし、火傷などのリスクとも隣り合わせです。

当日は、光を敵と思え!

脱毛サロンで脱毛をした当日はとても日焼けをしやすいので、施術後の1週間は、直接日差しはダメ。
必ずUVカットのクリームを塗るようにしましょう。

脱毛サロンへ予約を入れて出かける当日は、帰りのことも考えて、衣類にも気をつけてみるといいでしょう。
直接太陽光が肌に当たらないように、綿を着て、ハットをかぶり、パンツを着用するなどした方が、肌を守ることができます。

キレイモの注意事項を守るためにも通う間は、肌を白くキープします。

そのためには、お気に入りの日焼け止めクリームを見つけておきましょう。
自宅に置いておくだけではなく、外出先でも塗り直しができるように、バッグに入れて出かけましょう。

憧れるけど敷居が高いかも

躊躇はまだまだ。

ここ数年で受ける人は大幅に増え、店舗も右肩上がりに。

それでもなんとなく怖いというイメージが払拭できない人が多いのは、一昔前の脱毛に対するイメージがまだまだ残っているからではないでしょうか。

一昔前というと、痛みが強かったですよね( ノД`)
そして費用は何十万円と高価なので、一般人ではサロン行きが少なかった時代。

しかし、今は仕様が異なっています。

光の出力が弱いので回数を受けないと効果が出ませんが、1度に広い範囲にトータルで通う回数はそれほど変わりません。

光脱毛の特徴はなんといっても刺激の少なさです。

痛みは全く感じず、感じるとしても輪ゴムでパチンと弾いた刺激程度なので、人気が高まりました。

それにつれて市場競争が起き、価格もリーズナブルになりました。
そしてさらに店舗が増え、と脱毛サロンは今や一大産業として繁栄しています。

そんな数多くがしのぎを削る昨今、独自のサービスと高いコスパで人気です。

システムは各サロンごとに異なります。

特化したサロンで、基本的のみ。(他店からの乗り換えの人は施術済みパーツ以外で割引料金となります)

全身脱毛を受ける場合には、契約の段階である程度何回ぐらいの回数が必要か知っておく必要があります。

キレイモには月額制という月会費のようなシステム。

月1回受けられます。
一度の施術で半身なので、2か月で全身1サイクルということになります。

光脱毛の場合は、どこのサロンでも効きが出やすい体質の人とそうでない人との差があります。

体毛の量も個人差がありますし、毛の太い細いも影響します。
そのため、受ける回数はその人その人で異なるのですが、多くの場合は6~12回ほど受ければムダ毛のストレスは無くなると言われています。

専門の皮膚科医に、違和感のある肌パーツを看てもらい、不安を解消

女性ばかりということで通うにしても、毎月の生理時はどうなるのか気になります。

生理がきてしまったら、早めに連絡を入れて予約を変更しよう。

ですがお手入れ不可なら、その点は気をつけたいところです。

生理になりそう!予約変更はできる?

女性の身体は毎月の月経に左右されていますので、ホルモンがアンバランスになりやすい生理の時は、あまり脱毛には向いてはいません。

手伝って、お肌も非常にナイーブになります。
前日までに生理が来そうだったら、ほかの日に予約を変更したほうが無難でしょう。

回数パックのプランで契約をした場合では、予約をした前の日までの、夜の23:59まででしたら、予約を変更したりキャンセルをすることができます。
その時は、無料でキャンセルできます。

女性は自分が生理になりそうなのが、感覚的にわかりますので、その前兆を感じたら、早めに予約日を変えるか、思い切って一旦キャンセルにするかしたほうが良いでしょう。

本当に急にお手入れです。

もしも全てが得でしょう。

月額制のプランで契約をした場合ですが、こちらは少々条件が厳しくなってきます。

生理の時は予約を変更したいと考える女性が多いですが、数日前にキャンセルや変更をしても、驚くことに脱毛の1回分が消化の扱いとなります。

月額制のコースにはこうした厳しい面があります。

ですから上半身のお手入れでしたら、ヒップやVIOパーツは特に問題ないので、上半身の施術の月でしたら、特に問題もなくお手入れができます。

下半身の月であったとしても、ヒップとVIOパーツ以外でしたら、施術できます。

とはいえ、VIOパーツは1回分の消化となりますので、損をしないように、自分で入れることが大切。

生理中の施術の流れは?

生理前の女性は、心身ともに不安定になりやすいですが、お手入れはできます。

ただサロンでもトラブルを防ぐ必要はありますので、生理痛を和らげる鎮痛剤を飲んでいたら、薬を飲んでから3日間のあいだは、サロンでのお手入れはできないことになっています。

生理の重さは人それぞれですので、普段から痛み止めを飲むくらい生理痛に悩まされる場合は、その期間は施術を避けましょう。

生理のときでもスタッフに伝えなければokと考えるとしたら、100%正直に伝えましょう。
ヒップとVIOパーツは、下半身の施術時にはわかってしまいます。

生理の時に脱毛を受けるのであれば、担当をしてくれるスタッフに、現在生理期間がエチケットです。

ショーツはそのままで、ほかの衣類は全て脱いで、ラップタオルに身を包みます。

月額制コースの契約でしたら、全身の脱毛は、上半身と下半身の月に分かれて行います。

上に来ている洋服だけを着替えます。

お手入れをする月でしたら、下のスカートやパンツを脱いで、下だけ着替えます。

生理の時の脱毛は横になって行いますので、出血の量が多い女性などは、念のためサイズの大きい物との併用をしたほうが良いでしょう。

でも基本的にはデリケートな生理中の時期は、あまり向いていません。

まず目を引くのは、イメージキャラクターの板野友美さんではないでしょうか。

Rayやmina、Ginaなどのファッション雑誌にも「脱」の広告が掲載されていましたよね。
モデルやタレントなど多くの芸能人もプライベートで来店しているようですよ。

キレイモの特長は、
予約が取りやすいこと。
1店舗当たりの施術室を多く設けています。
また、エステティシャンの研修を徹底し、脱毛スピードの向上に成功。
1度の来店で、全身の半分を脱毛できるようになりました。

全身脱毛のプランのみですので、
勧誘されるのが嫌という方にもぴったりです。

そして、キレイモの効果という点ですが、
後発サロンということもあり、
他サロンよりもサービス精神旺盛です。

国産の最新鋭マシーンを全店に導入。
施術接触面を―4℃まで冷やすので、ほとんど痛みを感じません。
肌への負担が少ないのでうれしいですよね。
また、美肌効果のある光なので、お肌に働きかけ、しわ・たるみ・しみなどに有効です。

顔脱毛は、フォトフェイシャルに切り替え可能となっています。
シミや肌荒れに効果があります。
顔の脱毛はしなくていいわ、という方にもうれしいサービスですよね。

施術の際は、ひやっとする冷たいジェルは使いません。
その代わりに脂肪燃焼作用のあるローションを使用。
脱毛するだけではなく、スリムアップも期待できるなんて最高ですよね。

今、関東で店舗を拡大しているのがC-3(シースリー)です。
全身脱毛専門店だから、勧誘なしで安心。

シースリーで一番驚くことといったら、
やはり、後払いができるということではないでしょうか。
月々定額制のプランもありますが、
なんと後払いプランがあります。

8ヶ月後に一括、
または、8ヶ月後、14か月後の2回に分けて支払うプランです。
しかも金利手数料は、全てシースリーの負担。

その頃だと脱毛の効果もはっきりと感じられる頃でしょうから、
支払いも気持ち良くできるのではないでしょうか。
効果に自信があるからこそできるプランですね。

一生通い放題のコースもあるから、
毛深いからつるすべ肌になれるか心配という方にもおすすめです。

更に、乗り換えを考えている方にも朗報です。
他社でワキ脱毛を終えている方は、料金プランから最大10000円OFFなんです。
シースリーのマシンは、超高性能ルネッサンスです。
日本人のお肌に合わせて、神奈川工場で造られた純国産品。
だから安心感が高いですね。

24時間オンライン予約ができるので、
いつでも予約ができて便利。
電話が苦手という方にも安心です。

そして、人気の「無期限回数保証」
脱毛期限はないので、
忙しくてサロンに通えず、お金が無駄になった
ということがなく、
あなたのスケジュールで脱毛することができます。

「シースリー」
あなたは、耳にしたことがありますか?
首都圏で店舗数を増やしている脱毛サロンです。

勧誘行為一切なしで、安心して通える脱毛サロンです。
全身脱毛専門なので、他の部位を勧める必要がありません。

『マイ・インターン』わたしのトップ5にランクインした(^○^)

私は、個人的に洋画を吹き替え版で観るのが一番好きです。
その理由は現実逃避ができるから。

洋画で吹き替え、つまり絶対に日本人ではない人が日本語で話し合うという非現実が入り込めて好きなのです。

しかし、その場合どんなに素敵な映画でも吹き替えの声優さんの技術によってはあまりにミスマッチでなかなか入り込めないという残念な映画もあります。

このマイ・インターンでは全ての役柄がみんな私のイメージにしっくりきてとても自然に入り込めたのも私がこの映画を好きな理由の一つです。

ペイジュの声も本当にあどけなくて、少しつんとしてて、早く喋ると舌が回っていないような感じがとても可愛らしくて良かったです。

ジュールズ役のアン・ハサウェイの演技力はホントに見事(^○^)

彼女が泣く演技、いつも頬の辺りや首から鎖骨周りにかけてだんだんと赤くなる。

「これは演技??」といつも疑問で体全体で演じているんです。

もはや演じているのか?のレベル!
なのでアンの映画はほぼ観賞。

今回のジュールズもとても魅力的な人物ですよね。

突然責任者から外されて涙した後も、旦那の浮気を知っていても、次の日には凛として背筋を伸ばして颯爽と歩いている。率直にかっこいい^ - ^

社員にも娘にも旦那にも涙は見せないように、努めて明るくしっかりあろうとする姿には心揺さぶられるところがありました。

ベンも言ってたけれど、彼女こそ幸せになるべきでしょう。

強く見せてるからと言って、その人が本当に強いわけでも傷つかないわけでもない。でも、そうあろうとする姿はわたしも真似したいなと思います。

他に好きなのは、ジュールズが母親に間違ってメールを送り、それを消しに男4人で向かうシーンです。

ここは本当に爆笑しました。
ワクワクもしました。

ジュールズの読みが何個も外れて植木鉢がたくさんあったり、警報がフェイクではなく本当に鳴り出したり、パソコンがまさかの二台もあったり!

みんなが大慌てする様が何ともおかしく、ハラハラワクワクからの爆笑という感じでした!

その後にみんなで祝杯をあげ、みんなに心から感謝するジュールズも上に立つ人はこうでなくっちゃなと思うところです。

上に立つ人も失敗して、みんなを頼って、感謝する。

当たり前のことだけどこういうことができる人って今の世の中少ない、と考えさせられるところでもありました。

全体的におしゃれなところも気に入りポイント。

アパレル関係のビジネスなのでオフィスがまずおしゃれで、こんな所で働けたらかっこいい!

街並みも綺麗で、公園やジュールズのお家、ベンのお家もイケてる( ^ω^ )

おしゃれなことに憧れの強い私は、視覚的に全てがおしゃれなのでそれだけでも好きな系統でした。

私はこの映画を今まで3回以上観ましたが、大事なセリフやストーリーの中にいっぱい詰まってるので毎回得られるものがあって、そんな映画はあまりないのではないかなと思います。

何度も見返して、その瞬間によって気づきが異なりますよ。