だましとは

FX初心者にも注意が必要な“だまし”とは一体なんなのでしょうか?
だましといっても詐欺などではありませんので、まず誤解のなきように。だましは相場用語で、テクニカルチャートでは「売り」や「買い」のサインが出ているにも関わらず、相場がそれとは逆の動きをすることがあります。その時に出た売買サインのことを、相場では「だまし」と呼んでいます。

例えば、上昇している時にゴールデンクロスが現れたのに相場が下がったというような場合がそうです。通常なら買いのチャンスなので、ロングポジションエントリーをしたくなるところですが、いざ買いとなると急降下したり、下止まりしたからとショートエントリーすると急上昇したりというというのがだましのパターンとなります。「テクニカル分析をしていれば、だましはないのでは?」と思われるかも知れませんが、どんなトレーダーであっても、相場においての“だまし”を100%回避することはできません。

だましに引っかからないようにする良い方法は無いのか?

では、なぜ回避できないかですが、ゴールデンクロスで例えてみましょう。ゴールデンクロスになりそうだと買いのボリュームが増えます。そして、実際にゴールデンクロスになると、すでにゴールデンクロスを予想してその手前で買い、売り場を探しているトレーダーの売り注文を待ち構えているという状態となり、この時に“だまし”が出現してしまうわけです。

だましに引っかからないためには、長期の移動平均線の角度に注意してみることもひとつです。急騰、急落した時は短期の移動平均線が大幅に上下し、長期の移動平均線とクロスしやすいので、できればゆるやかなトレンドのほうがだましに引っかかりにくいといえます。

いずれにせよ、単純にゴールデンクロスとデッドクロスだけを頼りに売買するのは危険です。例えば、テクニカルチャートで買いだと判断しても、実際に買う時には急降下しているというのは、チャートの値動きがテクニカル指標に現れるのが遅いという遅効性があるからです。この遅効性をなくすために、指標日数を少なくすれば確かに気にならなくはなりますが、1日のデータ比重が大きくなるため、かえってだましが多くなってしまいますので注意が必要です。

FXチャートツール 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券・プラチナチャート
GMOクリック証券
38種類のテクニカル指標と搭載し、16分割ウィンドウにも対応。最先端のチャートシステム、GMOクリック証券『プラチナチャート』!
DMMFX『プレミアチャート』
DMMFX
複数銘柄を比べられる比較チャート機能も使えるDMMFXの『プレミアチャート』!操作も軽くてとにかく使いやすいのが特長!
FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』
FXプライム byGMO
瞬時に未来のチャート形状を自動的に提案してくれるのがFXプライム byGMOの『ぱっと見テクニカル』です。最先端の未来相場予想ツールです!